面接時に大切な事と言えば「第一印象」


転職サイト経由での就活を成功させるなら、面接で好印象を残すことが一番の近道でしょう。
面接は、受け答えだけでなく、部屋に入った時から始まっています。
服装などの見た目にこだわり、「採用したくなる女性」になれるテクニックを身につけていきましょう。

面接の服装は業種に合わせて選択して

女性の転職で、面接を成功させるためには、第一印象がとても大切。
人間の魅力は見た目だけではありませんが、短い時間で相手を知る必要がある面接では、服装で相手のことをまず判断するでしょう。
そのため、面接で企業へ訪問する際には、清潔感を出すことが重要です。
「派手になりすぎない服装」「好感度の高い服装」をあらかじめ準備し、面接へ挑みましょう。

「どんな服装にしよう……」 と迷った場合は、スーツを選んでおけば、まず間違いないでしょう。
ダーク系カラーのスーツが一般的ですが、どんな業種でも“この一着でOK”という訳にはいきません。
真面目さや誠実さが求められる金融関係や士業、大企業での面接では、好印象となるスーツ姿も、美容関係や広報、デザイン、広告、外資系企業、IT関係などでは、固すぎてしまい敬遠されてしまう例も。

「面接だからとにかく控えめに!」と抑え込み過ぎてしまうのではなく、面接先によってはワンピース×ジャケットを選ぶなど、業種に合わせる必要があるでしょう。
個性あふれる、カラーセンスやファッションセンスをアピールすることで、ハイセンスな女性と言うイメージをつけることもできます。
面接官は審美眼に優れている人が多いため、服や靴、バックなどを、ファストファッション店で、購入してしまわないよう注意も必要です。

面接コーデは足し算ではなく引き算で!

女性の転職で面接突破を目指すなら、あれもこれもと欲張りすぎてしまうのはNG!
「個性を出したい!」 という気持ちは、採用されてから徐々に表へ出すようにし、できるだけシンプルな自分を目指しましょう。
服やアクセサリー、メイクなどに頼らないことで、女性の持つ素の美しさが引き立てられます。と同時に、常識力もアピールできるため、面接では地味なくらいがちょうどいいんです。

普段、盛り髪やはっきりメイクをしている女性は、物足りなく感じるかもしれません。
ですが、世間が求めている採用したい女性像は“清潔感あふれる人”“穏やかそうな人”“洗練されている人”といったイメージです。
職種にもよりますが、多くの仕事では「華やかさ」や「ノリの良さ」「トレンドっぽさ」などは必要ないと心得ておきましょう。