これはマスト!面接時に持っていくアイテム!

2018年01月23日 12:46


面接当日の朝は緊張や焦りなどが入り混じり、ばたばたと慌ただしくなってしまうもの。
そのため、準備は前日までに済ませておくと安心です。
女性の転職で持っておきたい持ち物をチェックし、カバンの中へしまったら、しっかりと睡眠をとって翌日に備えましょう。

面接時に絶対に持っておきたいアイテムをチェック!

携帯電話、充電器

面接当日に携帯電話を忘れてしまうと、万が一の遅刻時や、場所が分からなくなった場合に検索できないなど、トラブルの原因となります。
面接当日に限って充電し忘れるケースもあるため、予備の充電器も持っておくと安心です。

ハンカチとティッシュ

ハンカチとティッシュを持ち歩くことは社会人としての常識ですが、普段と違う服やカバンを持つため、入れ忘れの多いアイテムでもあります。
面接先で使うケースがあるかもしれませんので、ハンカチは女性らしいシンプルな物、ティッシュも街頭で貰ったものなどは避けるようにしましょう。

筆記具とメモ

面接の場では、次回の面接についてや担当者の連絡先などを突然伝えられる場合があります。
そんな時も、すっとメモや筆記具が出せれば、印象がアップします。
履歴書に書き漏れがあった場合も訂正できるため、ボールペン1本で良いですから、必ずカバンに入れておきましょう。
こすって消えるタイプのボールペンは便利ですが、マナー知らずな女性だと思われてしまうため、面接では使わないようにします。

現金

意外に確認を怠ってしまうのが財布の中身。「電車のカードさえあればOK」と思っているかもしれませんが、電車が遅れて違うタクシーなどを利用しなければいけなくなったり、現地についてからストッキングが破れてしまったり、というケースも考えられるため、最低でも5千円程度の現金は持っておきましょう。

腕時計

「普段はスマホや携帯で時間を確認している」という女性も、面接先の企業内でスマホをちらちら見るのは非常識です。
マナーモードの音も面接ではNGですから、建物内へ入る前に電源を落とし、時間の確認は腕時計で行うようにしましょう。

印鑑

必要な書類に印鑑を押し忘れてしまっていたり、当日採用に話になり印鑑を求められたり、というケースが考えられます。
シャチハタではないものを1本持っておきましょう。

身分証明書

企業によっては本人確認が行われる場合があります。
免許証やパスポートなど、買い写真入りの証明書を一つ、用意しておきましょう。

書類も忘れずファイルに入れて持参しよう

面接へ持参する書類は、種類別に分け、クリアファイルへ入れて持参します。
そうすることで、雨から守ったり、書類のシワや折れを防ぐことが可能です。

応募書類のコピー

履歴書や職務経歴書などの応募書類は、提出前にコピーを取っておきます。
早めに到着し、面接までまだ時間がある、という場合に自分が何を書いたのか、見返しておくと安心です。

企業の資料

面接先企業についての資料も、面接前に何度も読み返したい書類の一つです。
会社案内や、企業のホームページをプリントアウトするなどして、情報を多く頭へ入れておきましょう。

面接場所までの地図

面接場所までの行き方は、スマホや携帯でも検索できますが、万が一忘れてしまったり、充電が切れてしまったり、という可能性もあるため、紙で持っておきましょう。
余裕があれば、事前に一度足を運んでみておくことで、到着時刻の予想などができ便利です。


季節によって面接時の服装切り替え注意!

2018年01月22日 18:01


女性の転職は、新卒採用とは違い、人にとって面接を行う季節が様々です。
面接へ行く際は、季節に合わせた服装で行く必要があるため、場合によっては購入が必要になるアイテムもあるでしょう。
季節ごとの“気を付ける事”を事前にチェックし、生かしてくださいね。

知っておきたい!夏の転職で好まれる服装

夏の場合、面接で切るようなスーツは、とても暑苦しいものですよね。
夏用スーツがあれば良いのですが、ほとんどの女性がオールシーズン使えるスーツで、面接へ挑んでいるでしょう。
面接先の企業によっては、クールビズを取り入れているケースが多く、自分はしっかりスーツを着ているのに、面接官はラフな格好……といった場面に出くわすこともあるでしょう。

ですが、相手がそうだからといって、面接者もクールビズで訪れてしまうのはNG!
「汗をかきやすい」「汗臭くなるのが嫌」「暑いのが苦手」という場合は、“面接会場の近くで着替える”という方法もありでしょう。
この時、大切なスーツがシワだらけになってしまっていては悪印象です。
大切なスーツは、きちんとスーツカバーへ入れるなどし、忘れ物の無いよう確認してから出かけるようにしましょう。

知っておきたい!冬の転職で好まれる服装

冬の面接では、冷え込むことが多いため、スーツの上にコートを着たり、防寒具をつけたりするケースが多くなります。
これらのアイテムを、面接時にどうしたら良いか知っておくことで、面接官からの印象が大きく変わるでしょう。

まず、コートの選び方ですが、黒やベージュなどワンカラ―で落ち着いた色のものがベストです。
形はトレンチコートのような、スマートなものを選びましょう。
もこもことしたダウンジャケットや、ゴージャスな毛皮のコートなどは、当然NGです。

コートと防寒具は、外の寒さを軽減するアイテムのため、面接が行われる建物へ入るタイミングで脱ぐようにします。
手袋などはカバンへ入れ、コートは綺麗に畳み、片方の腕へかけておきましょう。
受付で預かってくれたり、コートをかけるハンガーが用意されていたりする場合は、利用しましょう。
また、コートを畳む場合は、面接先へ表面のゴミや埃や雨や雪などを持ち込まないよう、裏向きで畳むのがマナーです。

面接時までコートを手に持っている場合、椅子に座ったタイミングで持参したカバンの上へ置くようにします。
この時、カバンがぐらついてはみっともないですから、そこの広い自立するバッグを選んでおくようにしましょう。

冬の場合は、もう一点注意したいことがあります。
それが寒さ対策につい履きたくなってしまう“タイツ”です。
スカートを選んでいる女性がほとんどの面接では、冬場の冷え込みが辛いものですが、タイツは面接官へ良い印象を与えません。

「寒さに耐えきれない……」という場合は、近場までパンツスタイルで行き、現地で着替える、腹巻を使ったり、靴の中にカイロを入れたりなどの防寒対策を行い、しのぐ様にします。

手足が冷えている状態では、面接時にしなやかな動作でいることが難しいため、早めに到着し、近くのカフェなどで温まっておくのも良い手段です。
温かい飲み物でほっと一息つくことで、面接前の緊張も解けていくでしょう。


メイクや髪形は清潔さアピールが一番!

2018年01月21日 18:17


女性の転職ではシンプルな美しさが重要視されます。
それでは、面接に適したメイクや髪型、髪色はどのようなものなのでしょうか?
清潔さをアピールできるテクニックとともに、チェックしていきましょう。

面接時にしていきたい女性らしいメイクはコレ!

面接へ挑む際のメイクは、ナチュラルメイクが基本。
派手な印象になりがちな「つけまつげ」や「濃いアイメイク」などは厳禁です。
「目の大きさに自信がないから……」 と言ってカラコンを使っている女性も、面接時は外しておきましょう。
黒目が大きく見えるタイプのものであっても、面接では印象があまり良くありません。

肌がキレイに見えるよう、下地やファンデーションを丁寧にのせたら、太めラインで眉毛を書きます。
女性らしさを売りにしている女優さんの眉をお手本にするのも良いですね。

アイラインやアイシャドーは濃くなり過ぎないようにしましょう。
アイラインを入れる場合は、目のキワのみ、アイシャドーはグレーやブラウンなど、はでではないカラーのものを少し入れるだけで十分です。
マスカラは使わなくても構いませんが、どうしても……という場合はアクセント程度に入れてください。

女性らしさをプラスするために、ピンクやオレンジ系のチーク、リップをのせたら、面接メイクの完成です。
元々顔が派手目だという女性は、リップクリームのみでもOKです。

転職に最適な髪形や髪色が知りたい!

女性が面接へ行く際、採用されやすい髪形が実はちゃんとあります。
髪の短い女性は良いのですが、長い女性は必ず束ねるようにしましょう。
「地味な印象になってしまう……」 と感じるくらいがちょうど良いでしょう。

束ねる場所は、首元あたりにし、アップにしたり、最後を残したりするのは厳禁です。
前髪はあっても構いませんが、長いと不潔な印象になってしまうため、事前に整えておくか、横へ流すようにします。

髪色は黒か、こげ茶のような濃い茶色までで抑えておきましょう。
また、髪を染めている場合は、根元のプリン状態はNG! 若いけれど白髪が目立つ、という場合は、白髪染めを必ず行うようにしましょう。
ヘアピンや髪留めなどを使用する場合も、髪色に近いカラーの目立たないものとするのが一般的です。

髪の毛の質をワンランクアップできる方法を紹介!

面接時、女性が特に気にしたいのは、なんといっても「髪」本来の質です。
髪がキレイであれば、それだけで見た目レベルをアップできるでしょう。

逆に髪が傷んでいたり、手入れが行き届いていなかったりすれば、それだけで印象がダウンしてしまいます。
髪が傷んでバサバサ状態なら、面接の前に美容院でトリートメントを行っておくと、しっとりサラサラな髪になれるでしょう。

「美容院へ行くような時間がない!」 という場合は、オイル系のトリートメントとストレートアイロンを用意してください。
ほとんどの髪トラブルは、この二つで解決できます。

天使の輪が頭に光るような状態であれば、面接官の印象がぐっとアップするため、日々のブラッシングやトリートメントも欠かさないようにしたいですね。


ネイルやアクセは主張しすぎないもので!

2018年01月20日 17:23


女性の転職で気をつけたいのが、ネイルやアクセサリー、カバンなど身の回りの小物です。
ネイルやアクセサリーは、何もしていない状態では清潔感や女性らしさが無く、かといって頑張り過ぎると派手な印象を与えてしまいます。
面接にちょうどいいネイルやアクセ、バック選びのコツを覚えておきましょう。

面接時に行いたいネイルケア

普段は「ネイルが大好き!」という女性も、転職活動中はちょっと我慢しましょう。
中には“面接時にネイルをしているなんて非常識”と考える企業もあるため、できる限り素爪やトップコートのみで挑むのが良いでしょう。

また、 「何もしない方が良いから……」 と、ケアもしない状態でいるのは厳禁です。
甘皮処理やささくれのケアなど、ネイルケアをするかしないかでは、爪の印象ががらりと変わります。
可能であれば、ネイルサロンでネイルケアをお願いしておくと、より魅力を引き出してくれるでしょう。

転職時に最適なアクセサリーが知りたい

日ごろから耳元や首元、手元などでアクセサリーを楽しんでいる女性も多いはず。
ですが、転職の面接時に、普段通りのアクセサリー事情では、採用候補から外されてしまうでしょう。

普段からアクセサリーを着用していない女性は、無理して着飾る必要はありませんが、アパレル関係や美容関係を目指すのであれば、シンプルなネックレスやイヤリング、ピアス程度はつけていった方が、好印象になる場合もあります。

日ごろから、アクセサリーのオシャレを楽しんでいる女性も、面接時はとにかく控えめを意識しましょう。
ネックレスであれば“細身のチェーン+ワンポイント”、ピアスやイヤリングも“小さめサイズ”のものがベストです。
カラーはシルバーかゴールドとし、宝石や装飾がカラフルなものは避けてください。
ブレスレッドや結婚指輪を除く指輪、アンクレットなどは、面接では外しておくと良い印象になるでしょう。

面接で役立つカバンの選び方を紹介!

転職の際に購入するものの一つに、書類などを入れやすいカバンがあります。
黒や茶色、紺色などの落ち着いたカラーで、貰った書類などを折らずに収納できる、A4ファイルが入れられるサイズのものが良いでしょう。

カバンは自立するものを選ぶことも、面接時に大切なことです。
着席を求められた際、椅子やテーブルにカバンを立てかけておくのはあまりマナーが良くありませんし、書類を取り出す時に手間取ってしまうこともあるでしょう。

転職活動のためだけに、バックを買うのはもったいないですから、採用後も使えるような、“使い勝手の良いデザインのカバン”を選ぶと、その後も重宝するでしょう。


これでOK!面接時の靴やインナーを選ぶポイント

2018年01月19日 18:34


転職の際に気をつけたいのは、見える場所だけではありません。
優れた面接官は、女性が身につけているインナーやストッキング、ヒールの高さなどまでしっかりとチェックしてします。
些細なミスで、転職の機会を逃さないよう、肌着や靴へも配慮を行い面接へ挑みましょう。

女性の転職で選びたいインナーはどれ?

スーツの中に着るインナーは、個性や魅力を演出するのに欠かせないものです。
転職なのに、お堅めな白ブラウスにしてしまっては、せっかくスーツにこだわっても一気に新卒っぽくなってしまうでしょう。

リクルートの学生と差をつけるなら、白だけでなく、薄いピンクや水色、ベージュといったカラーのブラウスと用意しましょう。
職業によっては、ゆったりとしたシルエットのインナーや控えめなフリルも良いですね。

あまりにかっちりとしたブラウスはNGですが、だからといって、露出が激しいようなデザインを選んでしまうのは避けましょう。
下着が見えそうなほど肌が出るデザインの服などは、女性面接官から嫌われるのはもちろん、男性目線でも「仕事が出来なさそう……」といった印象しか与えません。

肌着が透けているのは言語道断ですから、転職活動中はブラウスに映りにくい、ベージュ系の下着を身につけるようにしましょう。

また、スーツの場合、ストッキングを着用することが主です。
ストッキングは締め付けが緩すぎると、おばさんっぽい印象になってしまうため、ある程度圧のある商品を選びましょう。
「足が細く見えるから……」 と黒や濃い茶色を選んでいる女性がいますが、面接では悪印象。 手や顔など、出ている素肌と近い色を選ぶことで、清潔感を出すことができます。

靴選びはヒールの高さにもこだわって

女性の面接では靴やヒールの高さも、重要なポイントです。 カラーは黒や茶色を基調とし、飾りなどの少ないシンプルなパンプスを選ぶと良いでしょう。
ヒールの高さは5センチ以内とし、太めヒールの方が良い印象を与えます。
転職の際には、長時間歩くことも多いため、太めヒールの方が疲れにくく、自分自身も楽でしょう。

転職のために靴を買いに行く場合は、脚のむくみが少ない午前中ではなく、むくみやすい午後を選びましょう。
午前に靴を選んでしまうと、午後には窮屈になってしまうケースが多く、面接の際の負担となります。

面接会場の床や廊下の素材によっては、カツカツと音が響きやすくなるため、ツルツルとした場所で試し履きを行い、静かに歩ける靴を選ぶのがオススメです。


経験多数をアピールするならリクルートスーツは避ける!?

2018年01月18日 15:25


転職を考える女性は、新卒から何年もが経過し、落ち着いた雰囲気になっているでしょう。
そんな状態で、面接時にリクルートスーツを選んでしまうと、いくつになっても垢抜けない、魅力やセンスが乏しい印象となってしまいます。
これまでの経験や磨いてきた魅力をアピールするなら、転職でのリクルートスーツは着ないのが常識!
女性の転職時はTPOに合った、服装を選ぶようにしましょう。

転職面接にぴったりの服装が知りたい!

転職での面接を控えているなら、当日の服装を早めに用意しておきましょう。
もし、 「新卒時代のリクルートスーツがあるから大丈夫!」 と思っているなら、面接の合格が遠のいてしまうかもしれません。
リクルートスーツは、あくまで初めての就職を目指す、学生のためのもの。
大人が着用してしまうと、 「仕事ができなさそう……」 という印象になってしまうこともあるんです。

年齢が20代後半を過ぎている、という場合は、もう少し大人っぽい服装を選択しましょう。
若い頃と比較すると、体型が変化している場合もあるため、今のサイズで一着用意するようにしたいですね。
仕事ができる女性を演出するなら、リクルートスーツっぽさを消しつつ、清潔さをアピールできるグレー系カラーのスーツがオススメです。
スタイルが良い女性であっても、スカートの長さは必ず膝丈にしましょう。

パンツスタイルは面接官の印象ダウン?

「仕事ができる女性だと思われたい!」 そんな気持ちでパンツスーツを選び、面接で不合格となってしまっている女性がいます。
パンツスーツで颯爽と働く女性は、とても素敵なものですが、面接ではあまり印象が良くありません。
「女性の面接はスカートが基本」 と思っている面接官も少なくないため、転職の服装を選ぶ際にも避けた方が賢明でしょう。

「営業職ならパンツスーツがベスト!」 という声もありますが、中には違う考えの面接官もいます。
せっかくの縁を、服装のせいで失ってしまってはもったいないですから、スカートのスーツや、スカートとジャケットなどの組み合わせで、挑むようにしましょう。

もちろん、背が高い女性や、短髪な女性などで、 「どうしてもスカートが似合わない……」 と自覚している場合は、パンツスーツでもOKです。
「ヒールを履いた状態で、裾の長さが短すぎたり、長すぎたりしていないか確認する」
「鏡の前で全体のシルエットがスマートであるかチェックする」
といった部分にまで注意し、パンツだからと言って安心せず、正しい姿勢で座るようにしましょう。


  • 1