経験多数をアピールするならリクルートスーツは避ける!?


2018年01月18日 15:25


転職を考える女性は、新卒から何年もが経過し、落ち着いた雰囲気になっているでしょう。
そんな状態で、面接時にリクルートスーツを選んでしまうと、いくつになっても垢抜けない、魅力やセンスが乏しい印象となってしまいます。
これまでの経験や磨いてきた魅力をアピールするなら、転職でのリクルートスーツは着ないのが常識!
女性の転職時はTPOに合った、服装を選ぶようにしましょう。

転職面接にぴったりの服装が知りたい!

転職での面接を控えているなら、当日の服装を早めに用意しておきましょう。
もし、 「新卒時代のリクルートスーツがあるから大丈夫!」 と思っているなら、面接の合格が遠のいてしまうかもしれません。
リクルートスーツは、あくまで初めての就職を目指す、学生のためのもの。
大人が着用してしまうと、 「仕事ができなさそう……」 という印象になってしまうこともあるんです。

年齢が20代後半を過ぎている、という場合は、もう少し大人っぽい服装を選択しましょう。
若い頃と比較すると、体型が変化している場合もあるため、今のサイズで一着用意するようにしたいですね。
仕事ができる女性を演出するなら、リクルートスーツっぽさを消しつつ、清潔さをアピールできるグレー系カラーのスーツがオススメです。
スタイルが良い女性であっても、スカートの長さは必ず膝丈にしましょう。

パンツスタイルは面接官の印象ダウン?

「仕事ができる女性だと思われたい!」 そんな気持ちでパンツスーツを選び、面接で不合格となってしまっている女性がいます。
パンツスーツで颯爽と働く女性は、とても素敵なものですが、面接ではあまり印象が良くありません。
「女性の面接はスカートが基本」 と思っている面接官も少なくないため、転職の服装を選ぶ際にも避けた方が賢明でしょう。

「営業職ならパンツスーツがベスト!」 という声もありますが、中には違う考えの面接官もいます。
せっかくの縁を、服装のせいで失ってしまってはもったいないですから、スカートのスーツや、スカートとジャケットなどの組み合わせで、挑むようにしましょう。

もちろん、背が高い女性や、短髪な女性などで、 「どうしてもスカートが似合わない……」 と自覚している場合は、パンツスーツでもOKです。
「ヒールを履いた状態で、裾の長さが短すぎたり、長すぎたりしていないか確認する」
「鏡の前で全体のシルエットがスマートであるかチェックする」
といった部分にまで注意し、パンツだからと言って安心せず、正しい姿勢で座るようにしましょう。