ネイルやアクセは主張しすぎないもので!


2018年01月20日 17:23


女性の転職で気をつけたいのが、ネイルやアクセサリー、カバンなど身の回りの小物です。
ネイルやアクセサリーは、何もしていない状態では清潔感や女性らしさが無く、かといって頑張り過ぎると派手な印象を与えてしまいます。
面接にちょうどいいネイルやアクセ、バック選びのコツを覚えておきましょう。

面接時に行いたいネイルケア

普段は「ネイルが大好き!」という女性も、転職活動中はちょっと我慢しましょう。
中には“面接時にネイルをしているなんて非常識”と考える企業もあるため、できる限り素爪やトップコートのみで挑むのが良いでしょう。

また、 「何もしない方が良いから……」 と、ケアもしない状態でいるのは厳禁です。
甘皮処理やささくれのケアなど、ネイルケアをするかしないかでは、爪の印象ががらりと変わります。
可能であれば、ネイルサロンでネイルケアをお願いしておくと、より魅力を引き出してくれるでしょう。

転職時に最適なアクセサリーが知りたい

日ごろから耳元や首元、手元などでアクセサリーを楽しんでいる女性も多いはず。
ですが、転職の面接時に、普段通りのアクセサリー事情では、採用候補から外されてしまうでしょう。

普段からアクセサリーを着用していない女性は、無理して着飾る必要はありませんが、アパレル関係や美容関係を目指すのであれば、シンプルなネックレスやイヤリング、ピアス程度はつけていった方が、好印象になる場合もあります。

日ごろから、アクセサリーのオシャレを楽しんでいる女性も、面接時はとにかく控えめを意識しましょう。
ネックレスであれば“細身のチェーン+ワンポイント”、ピアスやイヤリングも“小さめサイズ”のものがベストです。
カラーはシルバーかゴールドとし、宝石や装飾がカラフルなものは避けてください。
ブレスレッドや結婚指輪を除く指輪、アンクレットなどは、面接では外しておくと良い印象になるでしょう。

面接で役立つカバンの選び方を紹介!

転職の際に購入するものの一つに、書類などを入れやすいカバンがあります。
黒や茶色、紺色などの落ち着いたカラーで、貰った書類などを折らずに収納できる、A4ファイルが入れられるサイズのものが良いでしょう。

カバンは自立するものを選ぶことも、面接時に大切なことです。
着席を求められた際、椅子やテーブルにカバンを立てかけておくのはあまりマナーが良くありませんし、書類を取り出す時に手間取ってしまうこともあるでしょう。

転職活動のためだけに、バックを買うのはもったいないですから、採用後も使えるような、“使い勝手の良いデザインのカバン”を選ぶと、その後も重宝するでしょう。